雑記

糖質制限を成功させた体験談

糖質制限というトピックスはいろいろ派閥。またいろいろ議論があり私個人が断定的なことを各位に進められるわけでもない。栄養の摂取というのは筋トレするしないよりもとても重要できっとこれを制しないと体育(体をそだてる)か完成しない最重要な要素です。

ブログのようなパブリックなエリアに個人的な経験を掲載することについては一つの体験談としてであれば、参考になるかもしれないと思い記載する

はじめての挑戦

これはもう5年ほど前のことだろうか。糖質制限が巷ではやりちょっと小太りになっていた自分は最初はご飯をやめるなんて日本人ではないという気持ちでいたが小太りには勝てずまた好きなお肉は食べ放題という言葉にすっかりハマりました。そのときはガチでなるべく糖質をゼロにしてやろうといろいろ頑張ってみました。多分、フライの衣とか結構センシティブでした。

その結果はといえば、1−2ヶ月で5キロ以上痩せ見た目にもスッキリしたので本気で制限をかけまくると如実に痩せます。ただ結末としてはある時から糖質制限パッとヤメてしまいました。ある時仕事が2倍になり、ストレスを強度に感じ、寝る時間も削られていました。そのときにもうこれは死ぬかもしれない。カロリー摂取が間に合わないと思いすっぱりヤメてしまいました。

その後

ただ一気に厳しい糖質制限をしたおかげで、清涼飲料水などは飲まなくても苦しくない体になりました。またお米やパンもあまり食べなくてもいいかなというとてもゆる~いレベルでの制限がかかるようになりました。たぶんそのおかげで体の基礎レベルは改善されたように思います。

最近の挑戦

主食を減らしおかずを増やす体制を行い、最近は糖質減の状態がキープできるようになりました。現在は、揚げ物の衣程度であれば気にしません。主食の量のみを気にしています。これくらいだととても楽ですね。およそですが4ヶ月くらいで5キロくらい痩せました。

また、筋トレを行う場合は筋肉の復活やたんばく質の吸収には糖質が必要ということでトレーニング前、後に関しては比較的ちゃんと糖質を取り、筋肉の分解の予防、復活の強化を心がけております。ここらへんはバランスですね。筋トレをしない夜はおかずだけ。筋トレをする、したあたりの食事はちゃんと糖質取る。お米など。

という2レベルの制限を経験した結果としては確かにゼロに近づくと効く。でも私には筋トレが必要なので適度の主食をゼロにする手法が合っていると思われます。上記のように筋トレと組み合わせれば同等レベルまで減らせます。ケトン体質になればという議論もありますが私はそこまで出来ていないのだと思います。そこらへんはちゃんと専門の本や人に師事いただたいほうがいいかと思います。

私もこれ系の本は出ているものの70%くらいは購入して読みまくってます。紙やKindleで。私のKindleを糖質で検索すると一部下記のようにでます。あと10冊くらいあったような気がする。

ではでは