ブログ

Polcaの活用方法

Polcaって知っています?最近できた個人で募金を募ることができるシステムなのですが結構私の周りでも活用事例が増えてきています。

私も昨日生まれて始めて募金をお願いする側をやりました。寄付する側って結構気軽なんですが貰う側って意外と緊張するんですよ。今日はそんな話もしてみましょう。下

Polcaとは

こちらがPolcaのWebページです。

実はWEBページからやれることは限定されています。募金を募ったりするこういはアプリ上で行うことになります。このサービスは安全に集金を募る、集金を行い、募った人に届けることに価値があります。

びっくりすることに募金を開始するのに5分かかりません。サクサクっとはじめることができます。受け取りには銀行口座の登録が必要になります。

手数料として募金額の10%が取られます。ざんねんながら10%です8月の初旬までは無料キャンペーンをやっていたので誰もお金を取られずにいたんですけどね。

募金をする側

募金をする側はクレジットカードが必要になります。クレジットカードで実際に募金金額をPolcaに支払う形となります。多くのばあい300円〜1000円くらいですので結構お世話になった人やかわいい後輩のような人が募金を募っていると気軽に支払った覚えがあります。

ログインはFacebookか携帯電話番号で行えます。携帯番号を入れるとショートメッセージで連絡が来てそれを入れるとログインできます。

あと募金のタイミングでクレジットカード番号などを聞かれますのでそれを入れて募金しましょう。

募金するしないは個人の自由です。できればしがらみでしょうがないから募金するはなしにしたいものですね。そういう心の引っ掛かりがない世界が理想です。

募金を募集する側

募金ですがこのアプリの募金の内容をみているとクラウドファンディングみたいな大きな夢系というよりももう少し小さい目標のものが適していると感じます。例えば下記のような内容です。

  • 遠くの町であるイベントに参加したい
  • イラストを書くためのPCがほしい
  • 少し遠くに旅行したい
  • 屋台を開きたい
  • カメラがほしい
  • 資格の口座を受講したい

ただ支援されやすさでいえば夢を語っていたりアーティストだったりする方のほうが募金があつまりやすいかなーという気はします。肩肘はらず試してみるのがいいかもしれないです。

いまピックアップの一番上にある募集はこんな感じです。僕も先日支援しました。

お返しにtwitterのアイコンを頂いたのでなんかお得な気分になってしまいました。

募集を始めるのは一瞬

こちら一度やってみましょうか。いまから簡単に募集を開始してみます。

右下の+ボタンでスタートします。

これを押すと下記がでます。

 

 

内容入力画面がでてきます。

ここにわかりやすく達成したことと使用用途を情熱をこめて記入します。あと下から挿絵が選べます。可愛らしい絵です。もしくは自分で作った画像や写真も挿入できますので用途に合わせていれましょう。

次へを押すと目標金額、募金金額、お返し、お礼のメッセージを入力できるようになりますので心をこめて記入します。募金してくれる人が負担にならないと思われる金額帯にしましょう。300円〜500円くらいがいいのではないでしょうか?総額も数万円程度がいいと思っていたりします。

そうするとシェアする画面がでてくるので友達の多いSNSでお願いをしましょう。

これで出来上がりです。

あとは募金が来るとスマフォの通知としてポップアップがでてきますのでドキドキしながら待ちましょう。意外とみんな募金してくれるもんだと思います。

Polcaの意義について

私はこういったマイクロサービスというのはどんどん個人の時代になって増えていっていいと思います。

ただ単にお金が無いから募金を受けるだけでは無くある決まった夢がありその目的の資金を募る。これは企業があたらあしいビジネスを行うときに銀行に融資を受けて事業を始めるのと同じです。

大企業には確かにお金があります。ただ事業についてはすべて自己資金で賄うのでなく銀行からかりたお金で行うことにより資金繰りに悩まず、また現行のオペレーションを縮小せずに挑戦できるわけです。

確かに利子を付けて返すという形ではありませんが信用をかけた募金ですので、利子よりぼくはよっぽど重みがあると思っています。有形無形のお返しだけではなく、あなたは信用を賭けて募金をいただいたのです。

ぜひ募集を募ったときの目標を果たし大手を振って皆に報告できる日が来るようにしましょう。

 

ではでは。
新しい取り組み活用していってたのしい毎日を

 

参考になったぜと少しでもおもったら下のボタンをぽんとおしてくださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ