ガジェット

「MISFIT RAY」おしゃれな活動量計のおすすめ 

どうしても活動量計って無骨な感じやガジェット感がでて悩みませんか?僕は腕におしゃれでないものをつけるのに抵抗があり苦しみました。ライフログはとても好きです。そのために活動量計をいろいろ買って試してきました。そしてとうとう全ての条件が叶うものが見つかりました。

それが MISFIT RAY です

活動量計に求めた条件

完璧です。高機能を求める方には勧めません。下記のポイントに共感される方はこれ一択ではないかと思います。

  1. オシャレであること
  2. ずっとつけていられる
  3. 機能も十分

オシャレであること

いま人気のあるウエアラブルの活動量計は機能重視でちょっとメカニカルです。メカニカルが好きではないので、他の活動量計をつけていた時期もあるのですが自分のセンスに合いませんでした。MISFIT RAYを見つけたときにはそのスタイルと美しくあることを追求したそのスタイルに感動しました。これが購入決定の1番大きかったポイントです。自分の服にも合います。スーツにも違和感ありません。

参照元: http://jp.misfit.com/products/ray/

ずっとつけていられる

この製品半年に一度程度の電池交換でいいのです。ほぼずっとつけっぱなしで生活できます。

防水仕様でお風呂入るときもプール入るときも基本つけたままで特にはずしません。

デザインとベルトも違和感を出さないデザインです。ミサンガのような感覚ですね。

データはBluetoothでiPhoneにダウンロードできるのでそういう目的での取り外し必要ありません。

高機能な活動量計は充電が1週間に1度必要だったりお風呂に耐えられるレベルの防水仕様は備えてないケースが多いです。

機能も十分

活動量計としては歩数をベースとした活動量、睡眠時間が記録できます。結果のグラフなども私が必要とする時系列がとても見やすくもう完璧です。それ以上細かいことは結局見なくなります。例をお見せしましょう。

 

これがiPhoneのアプリの時系列グラフの図です。基本私はこれで見ていきます。下記は活動量をハイライトしたものですが1000ポイントがおよそ1万歩歩いたことに相当するレベルだと思います。また激しい運動したときは歩数にかかわらずポイントが高まります。

 

そしてこちらが睡眠ログ。私は8時間寝るのが限界のようです。5時間レベルの日はやはり辛いですので自分でもコンディション悪化の原因としてログと見比べ自分での生活補正を行っています。

 

最後ですが体重も同様に管理できます。体重自体はiPhoneのヘルスケアセンターという機能から引っ張ってきます。体重のログに関しても個人的に工夫をしていますのでおいおいブログでも紹介しようと思っています。

 

 

みてのとおりそれぞれの指標にハイライトを当ててもたの項目も背景として見え比較ができますので自分のトータルのコンディションの把握としての活動量計として私の希望の機能を完璧にカバーしています。

 

この3つの条件が整っているので正直マイナーな製品ではありますがもうこれ1択です。多分壊れても同じの買うでしょう。2016年に買ってから壊れたことはありませんが。

 

購入の仕方

私はアマゾンから買いました。MISFITのオンラインストアからも買えますがアマゾンからのほうが安いです。もちろんMISFITのサイトは購入検討前に金額比較いただくのが良いと思います。どちらも正規品です。

アマゾンのサイトはこちら
MISFIT 活動量計 フィットネストラッカー RAY カーボンブラック

公式サイトはこちら
http://jp.misfit.com/products/ray/