筋トレ

24時間ジムのおすすめ。

体を鍛えるとモテる。ホントです。ジムで体を作る方法を行っていくと一つ課題にぶつかることがあります。行きたい時間には家族や彼女との時間でなかなか時間が取れない。でもやっと自由になったのにそのときにはジムが閉まっている。

僕もよくありました。そんな悩みを解決してくれたのがここ数年でどんどん数を増やしている24時間営業のジムです。

もし続ける自信がない人はこの記事も読んでみてね。筋トレでかっこいい体を手に入れる。継続するコツ

よくあるできごと

会社から帰ってきた。ご飯を食べた。彼女と遊んで夜が更けていった。彼女は寝てしまった。そして今の時間は夜11時。あれー。ちょうどジムの終わる時間だ。。。ぐふ

朝6時起床。今週末は子供と遊ばなきゃいけない。夜も結局遅くまでおでかけだ。朝の8時までは時間があるのに。まだジムやってないやん。。。ぐふ

わたしもジムに行きたいんだけどいい男とのデートが忙しくて時間が全然無いのよね。午前1時くらなら暇なのに
それなら24時間ジムだね。夜に鍛えてすてきなボディーゲットだよ

 

365日、24時間というのは本当に革命的です。

24時間ジムのシステム

ジムによって違いますがおよそ似たようなシステムになっていると思いますので私の行ってるジムの例を紹介しましょう。

一般的にジムのスタッフがいるのは昼の時間のみです。夜になると無人になりカードキーなどで入場、出場をしていきます。

更衣室はなんとなく1−2人入れるものが用意されていてあとはロッカーがカードキーなどで使えるようになっています。

僕は着替えるのが面倒なので筋トレができる格好ででかけます。冬の場合は上着などを来て脱いだらすぐに筋トレできるような感じの格好ですね。

ジムについたら靴だけ履き替えてすぐに筋トレ開始です。この点は大きなジムよりもすぐにスタートできるいい点です。

筋トレの後はシャワーを浴びたいのですが今通っているところは家から歩いて5分なので僕の場合はそのまま家に帰りシャワーを浴びます。

ほんとにサクッと運動するその部分だけをジムに期待している感じです。

スタッフいなくてもいい感じなのね。いったことあるけど女子一人でもあまりこわくなかったわよ
結構真面目にトレーニングしている人おおいよね。それに朝とか人がいなくてとても楽しいです。好きなマシン選び放題

24時間ジムのメリット

  • 24時間 365日営業で時間に縛られない
  • 比較的大手総合ジムより月会費が安い
  • 運動を始めるまでの時間が短縮できる

こういったメリットがあります。プールなどの設備を省くこと。またスタッフを最小限にしたシステムでコストダウンを図っています。規模が小さいので居抜きの昔例えば美容院だったり、コンビニだったりしたところに店舗が作れるので早い店舗展開ができていると思われます。

また店自体が小さい。また変な時間に行けばスイているのでササッと好きな運動ができます。小さいからこそのメリットですね。

やすいのはいいわよね。私泳がないし、バーベルがあればそれで満足だわ。
先生って実はガチ勢だったのですか。そんな細い体してるのに。。。

24時間ジムはどこがある

大手チェーン系展開しているジムはこちら。ココらへんであればまあ無難ですしチェーン展開しているので仕事場と家の両使いができる可能性もあります。

JOYFIT24

JOYFIT24は日本国内に250店舗以上の数を構える大手のチェーンです。実は私がいっているジムもこちらです。結構最新の機器が備えられていますしなんといっても家から近いのが一番のポイントでした。

マシンやフリーウエイトの設備は店舗ごとに異なるので確認したほうがいいです。見学も受け付けていますので気軽に見学してみてから決めればいいと思います。

どこか出張したときも使えそうなのでそのうち出張時に活用してみたいと思っています。

ちなみに私は会社がたまたまベネフィット・ステーションに加入しておりそのサービスを活用して契約したところ月の支払いが安くなりました。JOYFIT24は大手なので、福利厚生を確認してみましょう。もしかしたら安くいけるかもですよ。

エニタイムフィットネス

こちら国内で350店舗を擁するこちらも巨大チェーンです。こちらのチェーンは世界展開しているチェーンで全世界で4000以上の店舗を構えます。

とても気になっているジムで僕も検討したかったのですが残念ながら近くになかったので選ぶことができませんでした。近くにあったらぜひ候補として検討してみてください。私がフォローしている筋トレ系の方も結構いい評価を付けていますね。

いろいろ検討したときにエニタイムフィットネスで大きな魅力と感じたのは外からハイてきたシューズをそのまま使用できること。靴を持ってかなくていい。また履き替えなくていいというのはすぐにトレーニングを始められるメリットが最大級にいかされてとても魅力的です。

FASTGYM24

こちらは上の2GYMの後ろにつけている感じですね。日本国内に91店舗構えるジムです。ほぼ設備は上記と同様な感じです。ちょっと好感度が高いのはこちらも靴をそのままでジムがおこなえるところ。私にとっては好感度が高いですね。

JOYFIT24 エニタイムフィットネス FASTGYM24の比較

せっかくなので少し比較をしてみましょう。

項目営業時間店舗数土足月会費他店舗特記事項
JOYFIT2424時間2507〜8千円利用可加圧、パーソナルあり
エニタイムフィットネス24時間3507〜8千円世界中で可高校生無料、ロッカー鍵なし
FATGYM2424時間917〜8千円利用可

エニタイムのロッカー鍵無しは鍵紛失トラブルなどがあっても困らないようにそういう配慮をしていてそのかわり防犯カメラなどでしっかり監視する方針をとっているとのこと。またJOYFIT24は追加で今流行っているような特別なトレーニングを追加できるのはユニークですね。

まとめ

とここまで書きましたが、できれば一番近くて通い安いところを選ぶのがいいです。この3つのチェーンであれば多少の差があれ多分どこも同等レベルでしょう。

迷っちゃいますね。これじゃあ。じゃあ一番近いところにしよっと
そうだよね。行くのと行かないのは100%違うからね。行く環境を作るのは重要ですね
もし続ける自信がない人はこの記事も読んでみてね。筋トレでかっこいい体を手に入れる。継続するコツ

ではでは。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ