雑記

写真が捨てられない。本が捨てられない。

なかなか愛着のある写真や本をバッサリすてて整理することって難しいですよね。今日はそんな悩みへの回答をしましょう。全部僕がやったことです。

これで部屋が広くなりました。写真や本って結構場所を取ります。整理することによりあなたはスペースを得ます。ただ捨てるだけではなく、写真がどこでも見れる。本がどこでも読める環境をこの記事では提供します。

断捨離の始まり

この本知っていますか?

もともと片付けや無駄なものは持たない主義でしたがこの本に出会い最終的に踏ん切りがつかなかったものまで片付けできるようになりました。お陰様で居住空間が広がりました。いいことしかありませんでした。

 

人生がときめく片づけの魔法

断捨離をすると何がいいのか?

私は断捨離をすることによってスッキリした部屋を手に入れることができました。また新たなものを購入するときに一旦本当にこれは保持すべきものか?レンタルできないか?など考えるようになりました。おかげでモノを買うより経験を買うことに時間を使うようになりました。

本が好きで多分200−300冊もっていました。本棚2本分です。これ全て無くしました。

愛着のある本はどうしたか。

生まれてからいっぱい写真をとりました。我々の世代だとプリントされた写真がやまほどあるはずです。これも一掃しました。その手法についてふれていきます。

こういった活動の結果私は1部屋分くらいの余剰スペースを手に入れたと思います。一部屋増やすのは賃貸でも購入でも大変なことです。ぜひシンプルな生活と共にスペースも手に入れましょう。

まずはこちら

本の断捨離

 

結構場所を取っていませんか?本を整理できるとスペースが広がります

なぜ本が減らせないか?

わかります。また読むかもしれないですよね。面白かったし。でもそれが減らす大きな障害になっています。いつでも手にとるところにあるのがいいと。読めるときに本がないといやですよね。

僕もそうだったので理解できます。私がその状態から抜け出した考え方をいまからお伝えします。

大切な心構え

1,捨てても困りません

どうしてもまた紙の本がほしくなったらインターネットで古本を買えばいい。多くの本はまた手に入ります。自分の部屋に本棚置くのではなく世界があなたの本棚です。

2,電子化しましょう

電子化すると世界のどこにいても蔵書に手が届きます。電子化した蔵書をすべてgoogle Driveに格納。新しい本はKindleで購入しています。千冊を超える蔵書をバーチャルの本棚にしてしまってあるのです。紙の本であったら不可能な冊数でした。ほんとテクノロジーに感謝です。

 

 

 

 

 

1,人生で1回もしくはもう読まない本

ダンボール箱にキレイに整頓していれてください。そしてオンラインの中古本屋に売ってください。あなたも私も本を捨てるのは辛いですよね。売ることで次の誰かが読んでくれます。

例えばこちら。今なら買い取り保証をやってますね。

2,人生で2回以上読むと思う本

ダンボール箱にキレイに整頓していれてください。ぜ~んぶ電子化してください。ダンボールで送ったら全部やってくれます。1冊100円〜150円かかりますが、本がずっと部屋を専有している場合の不動産費用にくらべたら安いです。

ちなみに私が使ったところは下記です。電子化/自炊代行は法律的にグレーゾーンで話がすすんでいるので、できれば早めにやったほうがいいです。

1,漫画スキャン王

2,電シカ君

注文するときは、カバーのスキャンも依頼しましょう。PDFにしたときも愛着のある表紙がPC上で確認でき所有感が保たれます。ファイル名変更はお金に余裕があれば、楽なのでおすすめします。100冊くらいであれば、自分でもできないことはないです。

PDF化された本はGoogle Driveに全部アップロードしてください。これで世界のどこにいても自分の蔵書に手が届きます。

3,増やさない。Kindleを活用する

これ以降ほしい本はなるべくKindle版を買いましょう

以上簡単ですが私の方法をお伝えしました。整理した本はなくなりません。世界に格納場所がかわっただけです。まずは心で理解しましょう。

写真の断捨離

プリントされた写真結構いっぱいもっていました。

これも僕は断捨離しました。結構な場所を取る割に見るのは数年に一度。これはなにか考えたいと。でも思い出は大切にしたいのでどうしたものかと考えていました

ということで調べました。自分で電子化するのはとても労力がかかるので自炊代行のようなサービスを調べた結果です。下記の2箇所がネットで検索してかかったところです。

1,カメラのキタムラ

2,節目写真館

写真の電子化の費用比較

カメラのキタムラ

基本料金 500円
1枚 50円

節目写真館

基本料金 500円
200枚セット(高解像度) 2600円
さらに送料がかかりますのでそれを1000円としておきましょう

試算

400枚の条件で計算すると下記になります。

カメラのキタムラ       20,500円
節目写真館は        6,700円

カメラのキタムラは店舗でのサービスです。節目写真館は写真を詰め合わせて送ります。送料キットは3000円します。ただそれを注文したとしても1万円行かない金額です。

さらに現在節目写真館では、発送キットもしくは送料無料キャンペーンをおこなっています。いまなら圧倒的に安く注文ができそうです。

使用した感想

実際に私は引っ越しのタイミングで大英断を行いすべての写真を電子化しました。多分1000枚くらいやったかもしれないです。大きな発送キットにいれて送りしばらくして完成しました。

  • 発送キットはとても写真を綺麗なまま送れる配慮がありました
  • 丁寧に電子化された写真は返送されました。
  • 電子化されたデータには満足しています
  • 家にいながらにしてすべての作業ができます

私はすべでのデータをGoogle Photoでクラウドにアップロードしました。
どうしても捨てきれない100枚程度の写真以外がガバっとすてました。
これはしょうがないです。人間ですもの

その結果

思い出の写真はどこにいても見れるになりました。
iPhoneからでもPCからでも自由自在です。
格納場所をセーブでさらにデータにどこからでもアクセスできるような環境を手に入れられます。

節目写真館はこちら

http://fushime.com/

スッキリプラス思い出フルアクセス手に入れましょう。

 

とこの記事では2つの断捨離の具体的な手法についてお話しました。どうすればいいのかという工夫をしていくことが大切だとおもいます。一緒にスッキリしましょう。